DSC_0863~2
 こんにちは。 このページは過去に作ったウォーアートに関する記事を一つにまとめたものです。
素敵なウォーアートの魅了を知って頂きたく、興味のある方はご覧になって下さい。
DSC_0859~3
  軍用機のノーズアートや軍服のペイント。規律を重んじる軍隊に於いて、これらの装飾は戦意高揚に用いられたとされます。しかし、米国ほど顕著なウォーアートは稀であり、現在も目を引くような斬新な作品も。

飛行機や軍服の装飾は、主にローカルメイドだと言われています。よって上手いとは言えない絵や刺繍も多いのですが、そのヘタウマさ故に味わいが増しているとも言えます。
DSC_0862~2
日本でもスカジャンという洋服文化がありますが、現在でも米軍基地の兵士が市街の刺繍店を利用しています。
1940年、港商商会がアセテートを使用したスカジャンを販売したところ、好評になりPXの人気土産となりました。
この港商照会は現東洋エンタープライズとして大変人気が高く、バズリクソンズやテーラー東洋などのブランドを展開しています。
DSC_0860~2
中国等アジア地域では、レザークラフトも有名です。
ドラゴンやパンダなど、オリエンタルな装飾は独特の魅力があるため復刻版が後を絶ちません。

ウォーアートを大別した時に、代表的なのがピンナップガールや兵器だと思います。
しかし、忘れてならないのが愛らしいキャラクターの存在。
一見笑顔のディズニーキャラクターやポパイおじさんですが、平気で爆弾を落としたり火をつけているギャップが印象的です。
DSC_0860~2
フライトジャケットのバックペイントには、日本をモチーフにした作品も存在します。
画像のB-3は扇状の朝日と富士山。これに桜や塔を加えたペイントで、日本の象徴的な要素をミックスした「日本進駐記念」とされています。
戦後の日本に進駐した部隊の服として、東洋的な印象が強く残る一着です。
DSC_0864~2
御徒町から上野にかけてのガード下に存在するアメ横商店街。このアメ横にある有名な店舗が中田商店であり、革ジャンをはじめ多くのミリタリーアイテムが販売されています。
安価でありながら高品質なのがモーガンの革ジャン。画像はモーガンのAー2にメンフィス・ベルが描かれた製品です。

中田商店で注目したいメーカーにコックピットUSAがありますが、アヴィレックスの代表であったジェフ・クライマンさんが手がけるものです。その為に両社の製品は同じテイストのものが多く、独特の魅力に溢れた存在です。
DSC_0858~3
こちらは1998年にアヴィレックスから発売されたもので、馬革にバックペイントが入ったA-2です。
当時の製品名は「ニュージャージー」で販売価格は88000円でした。

現在の製品はアジアが主な生産地となっていますが、1998年のアヴィレックスは米国製の製品を扱っていました。
DSC_0859~3
ヨーロッパ戦線の第八空軍のシンボルマークに、B-24爆撃機を描いた製品。
これら飛行機のモチーフは存在感があり、それでいて癖が無い為にワードローブには欠かせないアイテム。緻密に描き過ぎる事が無く、適度に力を抜いた筆遣いが逆に魅力を増しています。
DSC_0904~2
2007年にバズリクソンスが販売したA-2のバックペイントです。夜間戦闘飛行隊として活動した第422飛行隊の部隊章が描かれており、緑色のコウモリがコミカルな印象。
このシーズンもお馴染みのピンナップガールA-2が販売されましたが、女性と爆弾マークという王道スタイルでした。
DSC_0902~2
この爆弾は爆撃した回数だと言われますが、この他にも敵機を撃墜した際にハーケンクロイツや軍艦旗がペイントされることもありました。

また、戦時中は多くの敵機を撃墜するエースパイロットが生まれます。
彼らの着用するジャケットにはレッドシルクライニングが張られることがあり、文字通り裏地には赤いシルクが使用されたそうです。
DSC_0905~2
当時の兵士達にも人気があったA-2ジャケットですが、支給されない気の毒な兵士が存在したのも事実。彼らにはタンカースジャケットが支給されたようですが、そのジャケットにもバックペイントを施したものがあります。

画像は第511飛行隊の復刻版ですが、ボールと爆弾が重なりあったモチーフに翼が生えたユニークなものです。
DSC_0908~2
このインディアンが描かれたフライトジャケットは、MA-1の先祖であるB-15。

下部にブラックパンサールームと記載されたこのバックペイントですが、バズリクソンズによれば当時シカゴに存在した人気カクテルラウンジの名前であると記載されていました。
DSC_0907~2
B-15の系統はB-10を初代として細かい改良が重ねられてきました。最終系のB-15Dは襟ボアが無い仕様に於いて、MAー1の原型であるのことが良くわかるモデルです。
DSC_0943
兵士たちがジャケットのペイントで大好きな題材は何と言っても女性。
おしとやかな女性よりセクシーなお姉さんが大好きな様で、ペイントから趣味がはっきり見て取れます。
DSC_0941
この作品は画家のジル・エルブグレンさんが描いたものですが、実際の戦場では兵士たちが自ら描くバックペイントが主流であり、よく言えば味があるペイントが数多く存在します。

DSC_0945
エルブグレンさんは生活の中でラッキーにもセクシーシーンを目撃したような画風が得意。
バズリクソンズによれば大手企業のカレンダーなどを手掛けたそうです。
DSC_0940
肌感覚でもアメカジはずいぶんドクロが多く、その表情も豊か。
この作品などはセクシー&ドクロの贅沢な仕様であり、日本で着用するのはなかなか目立つジャケット。
このような女性は日本で言う慰問袋に入った絵手紙に描かれていましたが、絵手紙は過酷な戦地で一時の安らぎを得られる重要な品物でした。
DSC_0948
日本の慰問袋は皇居の玉砂利やキャラメルを入れたそうですが、差出人が女学生だと知るや「あなたの写真を送って下さい。」という兵隊さんも少なくなかったようです。
DSC_0863~2

ブログランキング・にほんブログ村へ
出典:「(株)ワールドフォトプレス フライトジャケットブランドカタログ 1998」・「成美堂出版 フライトジャケットカタログ1997」・「(株)ワールドフォトプレス フライトジャケット2000ブランドカタログ エディション」・「東洋エンタープライズ株式会社 バズリクソンズ2007・2008・2012・2013・2014年度カタログ」